ヨガとエクササイズの違い|ヨガは呼吸で自律神経を整える

こんにちは。
ウォームヨガ マートゥフ 櫻子です。
呼吸は通ってますか。

先日、テレビを何となく観ていまして「たった1分でウエストにくびれが!」的なエクササイズを紹介していました。
もちろん、早速やってみるんですが(^^;

で、あらためて ヨガとエクササイズの違いって何だ?とふと考えまして。

美しい身体を手にいれるためにヨガをするという方は少なくないと思います。
美しい身体を手にいれるためだけだったら、効果的なエクササイズがいくらでもあるのだと思うのですが、では、なぜヨガをする人が増え続けているのかというと。

ヨガとエクササイズの違いは、「呼吸」だと改めて思いました。
「呼吸」をコントロールすることで、自律神経をある程度制御できるのがヨガのすごいところです。

勝どき月島ヨガ ウォームヨガ

心臓の鼓動や食べたものをエネルギーに変えてくれる消化器官の働きなど24時間働いて私たちを生かしてくれている自律神経、意志では動きを変えることはできません。
唯一、コントロールできるのが呼吸です。呼吸器も自律神経なので、基本、身体が自然に吸ったり吐いたりしていますが、意識して、息を吸って吐いて、することができますね。

そして、呼吸をコントロールすることで自律神経を整えることができます。
自律神経はざっくりというと「やる気」の交感神経、「リラックス」の副交感神経があります。このバランスが崩れてしまうと身体や心の不調につながったりするのですが、この、交感神経と副交感神経のバランスを呼吸である程度調整してあげることができるのです。

吸う呼吸は交感神経のスイッチ、吐く呼吸は副交感神経のスイッチです。

本当の夜がなくなった現代はどうしても交感神経が優位になるのだそうです。さらに、日本人は吐く呼吸が苦手だとか。

ヨガは呼吸を意識します。

吸って、吐いて、丁寧に行いながらポーズをキープすることで、自律神経を整えつつ、身体もきれいにしてあげることができます。

ヨガをすると身体がスッキリ軽くなる、というご意見をいただきます。
これは実は、身体だけではなく脳も、心もすっきり、自律神経のバランスが整って、その上プラーナというエネルギーも得ている状態です。

24時間、頑張って働き続けている「わたし」、たった1分でなんとかしようとするのではなく、たまにはヨガで呼吸を意識、コントロールして大事にケアしてあげましょう。

ウォームヨガ は筋肉が伸びやすく(呼吸で使っているのは基本筋肉!)、呼吸が通りやすい心地よく暖かいスタジオでヨガのポーズをとります。
「わたし」ケアしにきてください。
体験キャンペーン実施中!
お待ちしています。

ウォームヨガ 櫻子でした。

Follow me!

The following two tabs change content below.
櫻子

櫻子

月島 勝どき でマタニティヨガ・ママヨガのインストラクターをしてる櫻子と申します。 一男一女の子育てを楽しみつつ、ママって大変だなーと実感(痛感!?)する日々。たくさんのママ、ベイビー、こどもたちと笑顔になりたいと試行錯誤中!子育てをシェアして楽しみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です